大田区で家族葬と盛大な葬儀を行いました

みんなから愛されていた父

バリバリ働いていた父親が倒れて…家族葬と社葬みんなから愛されていた父

社葬を行うときにも、フリースペースに父の写真や遺品、会社を立ち上げたときの思い出の品を飾っていたら、自分も知らない父の知り合いの人が話し掛けてくれました。
会社を立ち上げたときの苦労や、実は一時、倒産するのではないかと危ないときがあったことなど、父が自分では語らなかったエピソードを教えてもらうことができました。
父の思い出話を聞いていると、もっと生前に父と話をしておけばよかったという後悔が生まれましたが、亡くなってからでも社葬をしたことによって父のことを知ることができる機会を得られたのは良かったと感じました。
葬儀を2回すると決めたときは、大変なことになるのではないかと心配をしましたが、葬儀会社のスタッフが全面的にサポートをしてくれたので助かりました。
家族葬と社葬を分けて行ったことは、結果的に大満足でしたし、葬式は形式にとらわれることなく満足にいくようにすればよいことがわかりあした。
社葬に参列した方から父の話をきいて、これからも父の意志を継いで頑張ろうという気持ちになりました。