大田区で家族葬と盛大な葬儀を行いました

バリバリ働いていた父親が倒れて…

80歳の誕生日を迎える間際で、父親が病で倒れました。
高校を卒業してから就職し、35歳の頃には会社を独立して立ち上げ、それ以降は常に現役で働いてきた父親ですから、尊敬の念を抱いていました。
常に父親の背中を見て過ごしてきたので、父親が病で倒れて、そのまま亡くなってしまったことに衝撃を受けました。
しかしいつまでも悲しんでいるわけにはいかず、自分が長男として喪主をつとめなければならないことは間違いがないので、まずは大田区にある葬儀会社に相談しました。
父は会社を経営していたため、これまで多くの人にお世話になってきました。
そのため葬儀を行うとなると、多くの人が参列してくれることは予想できました。
ただ、そうなると家族や親戚がゆっくり最後の別れをすることはできないのではないかと心配になりました。
そこで葬儀会社にスタッフにどうすればいいかと相談したところ、まずは家族葬だけを行って、その後に社葬をして盛大なものをしたらどうかと提案されました。
家族葬はアットホームな雰囲気になり、家族や親族、友人だけで父の思い出を語り合う良い機会になると感じました。
そして社葬の場合は、後日行うことによって、急きょ知らせを受けて駆けつけてもらうよりも、余裕を持って参列してもらえるのではないかと考えました。
良い提案だと感じたので、その提案を受け入れて正式に契約を行いました。

葬儀を行うなら大田区が安心

冠婚葬祭の中で、結婚式は何度でも参加したいと思う明るいイベントです。しかし葬儀となると話は別で、できるだけ少なくしたいと思うのが普通だといえます。自分の場合も同じで、なるべく葬儀は経験したくないと思っていました。しかし急に家族を亡くしてしまうと、経験したくないなどと言っている余裕はありません。どのように手続きを進めるべきなのか、しっかりと調べていかなければなりませんでした。

...まぁ、20年早く親の葬式もくるけどね...

— 紫月@夏インテ*6号館Bせ60a (@Heliora_su) 2018年8月17日
自分だけで全ての手続きを進めるのは不可能で、ほとんどの部分を専門の会社に任せざるを得ません。葬儀に関する詳しい知識を全く持っていないため、相談するというよりも丸投げに近い形になってしまいました。本当は自分の力で可能な限り進めたいと思っていたわけですが、時間をかけてしまうわけにもいかないため、大田区の葬儀会社に大半の手続きを任せました。

さまざまな会社が葬儀を手がけていますが、大田区にある会社は信頼して任せることができます。あまり時間はない状態でしたが、いくつかの会社を比較してみて、もっとも信頼できると感じた会社に相談しました。大田区にある会社は、どこも信頼できると感じました。葬儀を任せるなら大田区の会社が一番安心できると思っています。

バリバリ働いていた父親が倒れて…家族葬と社葬みんなから愛されていた父

大田区 葬儀 : 浦和ホール